ニキビと湿疹と乾癬(かんせん)の違いは?

ニキビと湿疹と乾癬(かんせん)の違いは?

湿疹の女性

ニキビだけでなく、肌トラブルには様々な種類があります。例えば湿疹と乾癬も代表的な皮膚疾患の一つといえます。

湿疹と乾癬は、我々一般女性が混同することの多い慢性の皮膚炎です。皮膚科医は通常、2つのこれらの違いを診断して判断します。

乾癬は、炎症を引き起こす細胞が集まった状態のことです。皮膚が赤みを帯びた状態になるのは、毛細血管が拡張しているため。表皮の細胞は厚く積み上がり、フケのようば鱗状の屑となってはがれ落ちます。

痛みの病気には明確な原因と圧力がありますが、その違いは皮膚科医の診断を受け入れることで容易になります。研究によると、湿疹と乾癬の両方が遺伝的関係があります。

それぞれが相互に作用し、原因である。しかし、湿疹と乾癬の診断時に明白な確実性が求められる場合は、生検を実施する必要があります。

ニキビにはそこまで大きい痛みはありません。一方、乾癬は、かゆみがあり、鱗状の皮膚が特徴的であり、症状がひどい場合には赤みができて、同時に出血する可能性があります。乾癬の拒絶反応として胆汁の隆起した斑点が認められる場合があります。

白または銀色のウロコ状の皮膚が典型的に発生します。膝、肘、頭皮および関節の後ろに症状がでやすいといわれます。

乾癬は赤く見えますが、痒身を伴い、皮膚の病変はさらに痛いことがあります。病変に襲われた領域は、他の人が湿疹または乾癬に晒されているかどうかを判断するのを助けます。

ニキビも赤く見える「赤ニキビ」の状態がありますが、乾癬は痛みを強く伴うこともあるので注意が必要です。

湿疹対乾癬の治療には、通常、皮膚の通常の油分を永続させるのを促進するヒルドイドのような保湿クリームの使用が含まれます。乾癬はアレルギーに関連せず、乾癬性関節炎で一般に発症することがあります。

矛盾しているところでは、腕の内側と膝の後ろに見える傷口病変は、通常、湿疹の症候です。いくつかの治療法は湿疹と乾癬の両方に働くことができますが、これは疾患の希少性のある特定の治療法のいくつかの症例として、継続的に行われることはあまりありません。

皮膚の保湿という意味では、アクポレスの姉妹品であるライスフォースなどの保湿性の高いスキンケアを併用してもよいでしょう。ただし、症状がひどい場合にはスキンケアを使わずに、皮膚科の診断を最優先させてください。