シャンプーの成分は危険?洗い残しはニキビの原因となるので注意!

シャンプーの成分は危険?洗い残しはニキビの原因となるので注意!

シャンプー

アクポレスの開発販売元であるアイムでは、ライスフォースブランドとしてシャンプーやトリートメントも取り扱っています。

ところでシャンプー製剤の成分はどんなものが含まれているのでしょうか。シャンプーやトリートメントなどのヘアケア製品の成分はある意味料理に似ています。みんなを驚かせる素晴らしいレシピが必要です。何が入って、どのくらい使われるのか、それが合わさった状態が、アイテムの品質にとって非常に重要です。不可欠な成分はものはどれですか? オプションのものはどれですか?

シャンプーは髪と頭髪の汚れを落とす

シャンプーの重要な役割は、頭皮や髪をクレンジングすることです。これらは水に直接添加されると洗剤溶液になります。基本的な作業可能なシャンプーを作成するには、他の重要な成分が必要です。たとえば増粘剤、フォームブースター、安定剤など。フォームブースターと安定剤は、泡の量と泡のサイズを増やすことによって泡立ち体験を改善します。

下の表は、代表的なシャンプー成分のサンプルと、どれくらいの頻度で利用されているかを示しています。

シャンプーの主な成分

使用成分 – 典型的な使用レベル – サンプル成分
蒸留水 – 60-80% – 植物エキスと混合した水
界面活性剤 – 15-30% – アルキルスルホン酸類
ラウレス硫酸ナトリウム、コカミドプロピルベタイン。泡増強剤- 1 / 4%
EDTA、ラウラミドDEA、コカミドプロピルベタイン – 増粘剤-0.1~5%
キサンタンガム、アクリレートコポリマー – 防腐剤 – 0.1~1.0%
Dmdmヒダントイン、イミダゾリジニルウレアベンジルアルコール、イソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、必要に応じて
水酸化ナトリウム、クエン酸 – 任意の成分 – 保湿剤 – ベースの5% –
グリセリン、植物油、パンテノール – 成分に応じて –
クアテルニウム80、ジメチコンまたは他のシリコーンのようなポリクァット
Guar hyroxypropyltrimonium Pollution – 消費者の魅力の成分 – 1~5%
タンパク質、プロビタミンB5、栄養補助食品 – 香り – 0.1~1.0%

シャンプー製剤のさまざまな成分にグリコールジステアレート、ポリグリコールエステルおよび塩化ナトリウムが含まれています。

防腐剤は、賛否両論があるようですが、製品中の真菌および細菌の増殖を防ぐのに重要であることに注意してください。 Dmdmヒダントインおよびイミダゾリジニル尿素のようなものの多くは、これらの細菌を殺すホルムアルデヒドを放出します。

ホルムアルデヒドは発癌性化合物であり、刺激を引き起こす可能性があります。しかし、この製品で使用されているレベルがわずか0.1〜1%であることを考えれば、この項目では影響はあまり懸念されないかもしれません。

シャンプーの洗い残しはニキビの原因となる

シャンプーは刺激のある成分が多く含まれており、洗い残しはニキビなどの皮膚トラブルにもつながります。ニキビを防ぐためにはシャンプーやトリートメントの洗い残しがないように注意しましょう。

シャンプーレシピの原理
親水性である増粘剤は、均一なゲルが形成されるまで十分に攪拌しながら水分のなかに取り込まれます。界面活性剤は、製品が均質になるまで穏やかに混合され、また他の重要な成分も含まれます。

製品はほぼ60〜80%の水であることに注意してください。つまり、植物油やワックスのような油溶性成分はそのまま混合することはできません。オイルと水はまったく混ざらないことは小学生でもしっています。したがって、これらの油を均一に分散させるのを助けるために、これらの油に界面活性剤を添加する必要があるのです。