ハイドロキノンの副作用が少ないスキンケア「アンプルール」とその口コミ

ハイドロキノンの副作用が少ないスキンケア「アンプルール」とその口コミ

ハイドロキノンは還元力、つまり美白効果の高い成分です。一方で副作用もあることが知られていますが、ハイドロキノンの副作用はどういったものでしょうか? 美白成分であるハイドロキノン製品、皮膚がんと関連した美白クリーム、および関連する副作用について、様々な研究結果があります。

ハイドロキノンの有効性

過去何年もの間、ハイドロキノンは、シミやくすみなどの局所使用のために使用されており、その効果には賛否両論がありました。

ハイドロキノンはメラニン生成と呼ばれる暗色色素沈着の強力な阻害剤であり、約50年以上にわたり、しばしば知られている皮膚上のシミによる変色を減らし、潜在的に排除するための最も有効な成分として、確立されています。

ハイドロキノンは、皮膚を茶色に変色させる色素であるメラニンの生成に関与する酵素を、強く阻害または防止することにより美白を実現します。

市販のハイドロキノン製品は、約0.5%〜2%の濃度しか有さず、2%が最も多く、最も有効といわれています。しかし、薬局では、4%のハイドロキノン濃度(時にはさらに高い量)が厳密に処方箋でのみ認められています。さらに、約12%の濃度のヒドロキノンは、メラニンの生成を完全に防止します。

ハイドロキノン=危険は本当?

購入者にとって混乱しているのは、ハイドロキノン製品の使用によるマイナスの副作用の可能性があると、誇張されていることです。しかし、研究によればハイドロキノンの副作用は非常に軽微でありといいます。最も驚くべきリスクは、皮膚の青い変色である、白斑がまれにおきることです。

こうしたリスクは覚えておくことが重要なことですが、50年のように過去数百万ガロンのハイドロキノンを使用していたことを忘れないでください。わずかな数の症候群がハイドロキノンの使用に直結しています。

つまり、こうしたリスクは高濃度で製品を長期間使用した結果、または危険な成分と混合したハイドロキノン製品を使用した結果といえます。

ハイドロキノン製の製品は、数年前に米国で禁止され、最も深刻な問題が発生しました。しかし、米国や他のいくつかの国のハイドロキノン製品には、水銀やグルココルチコイドが含まれていることが判明しました。これらの腐食性物質や違法な汚染物質は、多くの人が重篤な副作用の原因と理由であるとも考えられています。

欧州連合の加盟国は、主にこれらの報告に基づいてハイドロキノンを禁止しています。この禁止は、適切に処方された場合、ハイドロキノンは有害な成分ではなく、そうでないことを示す実証された研究ではないので、ほとんどの人々に不満です。

新安定型ハイドロキノンを採用した「アンプルール」

このようにハイドロキノンは濡れ衣といってもいい罪を着させられています。このため、ハイドロキノンをより安定化させた「新安定型ハイドロキノン」も登場して、さらに消費者たちの支持を得るようになりました。

アンプルールはこのように、刺激の少ないタイプのハイドロキノンを配合しているため、消費者からの口コミも好評のようです。その口コミの一部を紹介しましょう。

一度使ってみると、その美白効果やくすみに対する改善効果により、手放せなくなるようです。また他にも「目尻のシミが目立たなくなった」やくすみが改善されたといった声もあるようです。

気になる「安定型ハイドロキノン」の効果は明らかで、使うたびに肌のトーンが少しずつ改善される感じ。ごく薄い、白のベールを1枚ずつ重ねて行き、気づいたら肌が明るくなってくる。そんな印象を受けました。
引用:アンプルール 口コミ

ハイドロキノン自体は先にも述べたように、それほど危険な成分ではありません。新安定型ハイドロキノンはさらに安全性を高めた成分となり、スキンケアには好ましい美白剤へと進化したようですね。