初期から末期までニキビケアの方法を解説!アクポレスを使うと効果的!

初期から末期までニキビケアの方法を解説!アクポレスを使うと効果的!

ニキビはライスフォースのアクポレスを使うことで効果的にケアできます。しかし、悪化したニキビには適切な処置が必要です。特に最悪の場合は外科手術の可能性を考えておきましょう。

初期のニキビの処置方法

ニキビは適切なタイミングであれば手で潰しても構いません。まだ悪化していない初期の段階なら、手作業で黒ニキビと白ニキビを取り除くことで、にきびのクリアと外観を大幅に向上させます。

また、コメドジェニックというにきび抽出器を使用して、均一な滑らかな圧力をかけて膿を除去してもよいでしょう。耐性のあるニキビは、針などの器具を慎重に使うことで潰すこともできますが、事前に消毒をしっかりしておきましょう。

1つまたはいくつかの痛みを伴うニキビの嚢胞が発症した場合、これらの比較的苦痛のない処置で、迅速なケアが可能です。ただし、物理的な痛みが伴うのでニキビ用スキンケアであるアクポレスの併用がのぞましいといえます。

重度のニキビのケア

悪化したニキビにたいしては、皮膚科による処置を受けてください。皮膚科では、各嚢胞に超薄針を用いて希釈コルチゾン溶液を単回注射すします。レーザーおよび光に基づく療法は、皮膚の表面を傷つけることなく皮膚のより深い層に到達させることが可能です。

レーザー治療は、皮脂腺を損傷させると考えられ、ニキビの原因である皮脂の発生を少なくします。光線療法は、にきびの炎症を引き起こす細菌、いわゆるアクネ菌を標的とします。これらの療法はまた、肌の質感を改善し、瘢痕の出現を軽減することができるので、有効な座瘡および座瘡瘢痕を有する人々のための良好な治療選択肢となり得るのです。

皮膚科医は、重度のにきびの進行を防ぐために、非常に積極的な治療法を使用します。皮膚科医は、手術によってニキビの悪化を防ぐ一方、同時に、永久的なニキビ跡を防ぐために処置してくれます。

例えば、口腔抗生物質およびアキュテインなどの薬剤は、排液技術および外科的切開(アクネ手術としても知られている)と同様に、この段階で使用することでニキビ跡の書状を和らげてくれます。

コルチコステロイド注射は数日にわたりニキビの嚢胞を溶かすために使用されます。あなたの主治医によって選択されたニキビ治療は、肌に影響を与える状態の重症度に合わせられます。

アクネレーザー治療はまた、最近、汗腺炎症によって引き起こされるアクネインバーサ(Acne Inversa)と呼ばれる皮膚疾患の関連する形態においても使用されています。

ニキビの慢性症状は、鼠径部および脇の下の炎症性膿瘍によって特徴付けられ、頭皮にはあまり発生しない特徴があります。抗生物質はしばしばニキビの状態を制御するのに役立ちますが、膿瘍によって残されたニキビ跡は、運動を制限するほど深刻であり、コルチゾン注射によって常に改善するわけではありません。

ニキビ跡に関して言えば、皮膚の保湿でターンオーバーを促し、新しい皮膚へと生まれ変わらせることが肝心といえます。そのためにも、ライスパワーエキスにより保湿効果を持ったライスフォースの「アクポレス」の使用が望ましいといえます。

アクポレス製品画像

アクポレスについてはこちらのサイトのレビューやコラムを参照してください。
アクポレス

アクネレーザー治療は、完全手術よりも高度な治療法を提供する可能性があり、イソトレチニオンなどの他のアクネ薬と一緒に用いられます。

これは、アクネの影響を受ける領域に、グリコール酸などの剥離剤を塗布することです。マイクロダーマブレーションは代わりに使用されます。その結果、ニキビを開く上皮層の剥離が起こり、毛穴が排出されることによってニキビを解消してくれます。